軽自動車の買取りは年度末にお願いしよう

軽自動車の買取りは年度末にお願いしよう

軽自動車を買取りしてもらうのであれば、それに適したシーズンというのがあります。
もっとも買取りに適したシーズンといえば、何といっても年度末なのです。

 

それにはいくつかの理由があります。
まずは、自動車税の納付に関してです。
自動車税というのは、毎年4月1日時点において車を所有している人に対して、課税される税金のことです。
これは普通乗用車であっても同じことですが、3月中に自動車を売却してしまえば、4月1日からの自動車税を支払う必要はありません。

 

もう1つは、年度末が軽自動車の中古車需要がもっとも高まる時期だということ。
年度末から年度初めにかけては、大学生や新社会人が多く自動車を買う時期でもあります。

 

大学生や新社会人は、免許取り立ての若葉マークという人も少なくありません。
運転の初心者にとって、取り回しの良い車というのは、非常に運転しやすいものです。

 

だからと言って、いきなり新車を買ってしまったのでは、ぶつけたときのショックも大きいものです。
ですので、軽自動車の中でも中古車が人気を集めているのです。
中古車販売会社としても、中古車の在庫を多く集めておきたいところ。
よって、この時期の買取需要も盛んなのです。

 

車買取のコツ:軽自動車の買取

不要な車は中古車買取店や中古車販売店などに売るというケースが一般的になりつつあります。軽自動車の場合はいったいどうなのかというと、軽自動車は普通車よりも買取りの時の価格が下がりにくい傾向があります。

 

買取りの価格が下がらない理由としては、普通自動車に比べて燃費がよく、税金やメンテナンス費用などもかからないことから人気があり、需要が高いということがあります。

 

店側としても、仕入れてもすぐに売れるならば、買取価格を高くしても管理する費用がかからないため結局、得をしますし、販売する時の価格も人気のあるものならば少々強気にすることもできます。車買取専門店と、中古車販売店の違いは、車を買取る専門か、販売も行うのかという点ですが、どちらも買取る時には売却査定を行って金額を決めます。

 

軽自動車の場合の査定も、普通車と同様に車種や走行距離、エンジンやボディーなどの状態から買取金額を決定します。ただし、店によって得意とする車種があるため、複数の店で査定をしてもらうと高く買取ってくれる店を探すことができます。最近では車買取査定が一括でできるサイトなどを利用して、複数の査定結果を調べる人も多いようです。付属品などをカスタムしていて、純正の付属品を所持している場合には、純正品があることを伝えると査定額が変わることもあります。