愛車が事故車になっても買取りは可能

愛車が事故車になっても買取りは可能

こちらの不注意でも無く、事故に遭ってしまうことはあります。
車両の大きい骨組みまで損傷が及ぶと「事故車」と称されます。
その後修理をしてまたお乗りになることも可能な場合と、ミッションが損傷してもう車として動きそうもない、という場合もありますが、どちらの場合にしても買取りを依頼することも、そのまま買い取ってもらうこともできます。

 

(中にはつてが無く断る業者もいると思いますが)
前者の場合、買取り業者がそのまま転売、もしくは自社で販売します。

 

ネット検索で「R」もしくは「修復歴有り」となっている場合はこれに該当します。
大きい骨組みまでの損傷はあったものの修理で「走る、曲がる、止まる」の動作に問題は無く、「事故車」だと納得した上で新しい所有者の元へ行くパターンです。

 

やはり通常の相場よりも安い金額で販売されるので、買取り金額も相場より下がります。
後者の場合はパーツとして解体屋が買取り、修理が必要な同じ車両が出た場合の交換用のパーツとして販売されます。
その際も使える箇所がどこかによって買取り金額が決まりますが、同車種の通常の車買取りに比べると金額は下がります。

 

ですが、どちらの場合でも買取りが出来ないということがは有りませんので、万が一事故に巻き込まれてしまっても買取り依頼をお願いし、間違っても「事故車なので金額はつきません」と言う言葉に惑わされないように気を付けて下さい。

 

車買取のコツ:事故車の買取も可能?

車がいらなくなった場合には、廃車にするよりも車買取の業者などに買い取ってもらう方が手間がかからず、経済的にも得です。車買取のコツとしては、複数の業者に査定をしてもらうことがあります。一社だけの金額では、それが高いのか低いのかもわかりません。複数の業者に査定をしてもらうことで、自分の車の平均的な買取り金額を知ることができます。

 

そして、その中で一番高い金額の業者を選べば高く売却査定することができます。査定では、車種や年式、走行距離の確認や、ボディーの傷、エンジンなどのチェックが行われます。走行距離が短く、車の状態が良い方が高く買い取ってもらうことができますが、人気のある車種や年式である場合には、多少状態が悪くても高めに買い取ってもらえる可能性があります。

 

中には、どんな状態の悪い車でも、必ず買い取ってくれる業者もあるので、状態が非常に悪い車でも査定を依頼してみる価値はあります。例えば、事故車の場合、ボディーに大きな傷があったり、エンジンがかからないというケースもあります。しかし、事故車であっても、エンジンがかからなくても買い取ってくれる業者があります。買取金額は低くなる可能性が高くなりますが、廃車費用はかかりません。