軽自動車は買取価格が高いため乗り換える際や売却時には有利

軽自動車は買取価格が高いため乗り換える際や売却時には有利

以前は、パワーの無さや走行性能の低さ、室内やラゲッジスペースの狭さ、華奢なつくりで万が一の事故の際の安全性への疑問があるなど、軽自動車にはマイナスのイメージが強く人気の薄い車でした。

 

 しかし、平成10年の法改正で現在の規格になってからは、広い室内やデザインの良さ、走行性能のアップ、装備や各種オプションの充実等に加えて、燃費の良さや税金の安さ、各種費用の割安感など、経済的な面からこのタイプを選択する人も増えています。また、女性ドライバーの増加によって、車体が小さく小回りがきいて女性でも扱い易い軽自動車は、今ではファーストカーとしても十分満足出来るレベルに仕上がっています。
そのため中古車市場での人気も高く、市場に出てもすぐに売れてしまい供給が間に合わない状況です。
 さらに、軽自動車は乗用車に比べて価格が下がり難いのも特徴のひとつです。
例えば、乗用車は新車で購入しても、わずか数年で下取り価格が半分以下になってしまう事も珍しくありませんが、このタイプは需要が安定していて回転も早いことから、買取相場も高値を維持しています。

 

つまり、下取り価格や買取価格が高いため、乗り換える際や売却査定時にはとてもお得になるということです。
 ところで、中古車の下取りをしてくれるところにはディーラーや中古車センター、買取業者などがありますが、どこでも同じ条件で買取してくれるとは限りません。もしかしたら10万円以上の差が出る場合もあり得るので、売却前に少し時間を割いて複数のお店で査定してもらうのが良いでしょう。

 

車買取のコツ:軽自動車の買取

 

軽自動車というのは、現在の自動車市場の中でももっとも売れ筋な車のジャンルです。
それぞれの自動車メーカーは、この車種に惜しみなく最新技術を投入しております。
衝突回避システムなどです。
また、軽を生産していない自動車メーカーでも、他のメーカーからOEM供給をしてもらうことで、エンブレムだけ自社のものに付け替えて販売しているのです。
それほど、軽自動車は魅力的な車と言えます。

 

もちろんそれは、車買取市場においてもいえること。特に、年度末になると軽の車買取件数は増えてきます。それは、この車種の中古人気がすさまじいからです。

 

そんな軽自動車を高価で買取してもらうためには、整備状況をしっかりとアピールする必要があります。
軽というのは、比較的女性が乗ることが多いもの。女性というのは、男性と比べてあまり整備に頓着しません。

 

気がつくと、1年以上もエンジンオイルを交換していないなんてことも。
そうなりますと、エンジンに不具合がでる可能性も否定できません。
そこでライバルの車に差をつけるため、しっかりと整備をしていることをアピールするのです。
エンジンオイルの交換はもちろん、12ヶ月点検もしっかり受けていれば、買取店としても安心です。